熊谷かほるのウェディングエッセイ

ゲストに喜ばれるウェディングを

真っ白なウェディングドレスに、かわいいブーケ、邸宅風のゲストハウスでパーティーがしたい! 素敵なウェディングは女の子の憧れですね。
その中で、なくてはならないもの、それはゲストの存在です。どんなに素敵なウェディングも、ゲストがいなければさみしいものになってしまいます。その意味で、ゲストは隠れた主役と言えるのではないでしょうか?

結婚式はお金がかかるから節約しなくちゃ! と考えるのは自然なことですが、あれもこれも節約し過ぎて、ゲストのお料理や引き出物までランクダウンしている場合も見受けられます。
やっぱりゲストには喜んで帰ってもらいたいもの。今回は上手に全体の費用を抑えるコツをお教えしましょう。

一般的に費用が高くなるものに、まず衣裳があげられます。
ドレスはレンタルより買った方が安いから・・・という方も、その前にドレス以外に用意するものチェックをしてみましょう。

ヴェール、手袋、靴、パニエ、ネックレスとイヤリング、ティアラ、このような小物は一般的にレンタル衣裳ではセットになっていることが多いので、ドレスを買う場合はそれらの小物も全部買っても安いかどうか確かめる必要があります。

例をあげると、ウェディングドレスを18万円で買った場合、必要な小物はマリアヴェール約3万円、手袋1万円、靴、パニエ各3000円、ネックレスとイヤリングで3万円、ティアラ3万円・・・・小物だけでも10万円を超えて、ドレスと合わせると30万円にもなってしまいます。

でも、ドレスをレンタルにすれば、18万円でドレスも小物も用意できてしまいます。
さらに、ドレスを買った場合は式の後にクリーニングや保管が大変ですが、レンタルの場合はそのまま返せばいいので、らくちんです。レンタルドレスを上手に利用することが節約のポイントです。

次に、節約しやすいのが花です。
会場の装花に関しては、式場側にお願いするのが一番です。式場のスケジュールに花の準備と片付けを合わせなければならないため、装花の持ち込みは式場側にもわずらわしく、別料金を設定している所が多いからです。
ブーケに関しては手作りするのが一番安くあげる方法です。自分で花を買って用意すれば1個1万円くらいで満足のいくブーケが作れてしまいます。(作り方は夢生でもブライダルスクールでお教えしています!)フラワーアレンジを習っている友人が近くにいればお願いしてしまうのもよいでしょう。

最後の節約ポイントは、式場選びです。
まず、有料プロデュース会社が関わっている所は避け、プロデュース会社は通さないという意志をはっきり伝えておきましょう。
式場が決まったら、最初に持ち込み料金などはすべて確認して、後から追加で料金がかかることを防ぎましょう。
式場側のその場限りの言葉に惑わされないように、確認したことは紙に書いておき、式場の担当の人にサインをもらっておくのも一案です。
後で「言った言わない」でもめることもあります。

このように、ポイントをしっかりおさえて節約すれば、あれもこれもむやみに安くあげる必要はなくなります。節約で浮かせた分で、ゲストにおいしいお料理を出してあげることもできますね。
それどころか、高くてあきらめていたウェディングドレスだって、もしかしたら着れてしまうかも・・・?

熊谷かほるのプロフィール

昭和54年 熊谷結納 開業

平成元年 日本結納式協会 発足

平成16年 ブライダルカウンター夢生 発足

  • 結納から披露宴までのブライダル全般の相談・手配
  • ブライダルスクール講師
  • 東海ラジオ「ブライダルコミュニケーション」
    コメンテーター(平成6年~11年)

ページのトップへ